先輩社員紹介

true

開発課

征矢 亮太(24歳)

出身:信州大学  繊維学部 化学材料系 材料化学工学過程 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    金属製品へのめっき。お客様の多種多様なニーズを満たす。

    弊社は表面処理を専門とする会社であり、その中でもめっきという分野で活躍しております。
    めっきとは、例えば、金属製品の上に別の金属の被膜(e.g.鉄の上にニッケル被膜)を形成させることにより、めっき前より錆びにくくしたり、光沢を持たせるなど、プラスαの効果を付与する処理の事を言います。
    私は現在、開発課に所属しています。
    開発課では、お客様から「○○の材質でできた製品に××のめっきは出来ますか?」等々の要望に対し、試作を行い、試行錯誤しながら良い品質の製品を完成させる仕事を主に行っております。
    製品が多種多様な素材やめっき処理内容であるため、大変である反面、様々な刺激が常に得られる面白い職場だと思います。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    入社2年目の私が 初めて量産ラインの立ち上げに!

    私は現在開発課に所属しており、お客様のニーズを満たすための試作、開発を行っています。
    試作とは、簡単に言うと、ある金属製品にめっきできるかどうかを試す作業の事を言います。
    試作段階で良質な製品を作成することが出来た場合、試作段階よりも多くの数を処理する量産段階へ移行し、毎月●●個処理といった一定数の処理を依頼されます。
    多くの場合、既存の汎用ラインで対応するのですが、お客様の要望で専用の量産ラインを立ち上げる場合も稀にあります。
    つい最近の話で、入社2年目で経験の浅い私が、専用ラインの立ち上げに携わる機会をいただき、現在も継続して取り組んでいます。
    このような貴重な経験はなかなか出来るものではなく、自分としても大きく飛躍できる経験になると思います。期待に応えられるようにしたいですね。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    社員同士の仲が良く、長く働くことの出来る企業。

    私が就職活動で会社を選ぶポイントの1つとして考えていたのは、社員同士の仲が良く、笑顔でいられる職場という条件でした。
    どんなに大きな会社でも、支えあえる仲間がいなければ長く働くことできないと私は考えています。
    サン工業の会社見学では、案内をしてくださった専務が様々なラインの社員さんと明るく話している姿を見て、会社での日常的な風景なんだなと感じ、その和気あいあいとした雰囲気に魅かれて、サン工業に入社したいと思いました。

これまでのキャリア総務(1年間)→開発(現職・今年で2年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

こんな仕事がしたい!とか、こんな人たちと働きたい!など、就職活動に対してそれぞれに目標があると思います。
その目標がある裏には必ず理由があって、なんであれ、その理由に自信を持てた人が面接等で成功すると考えています。
ですから、なぜその目標なのか、なぜこの理由なのかというところをしっかりと考え、就職活動に臨んでみてはいかかでしょうか。

他の先輩社員を見る

  • 新しい表面処理の研究開発と新規アイテムの工程確立と量産移管

    true

    開発課

    市河 祐介(26歳)
    金沢工業大学 大学院  バイオ・化学専攻 卒
  • 開発課でめっきを日々勉強中!!

    true

    開発課

    松澤 夏実(23歳)
    群馬大学  工学部 応用化学・生物化学科 卒
  • 製品の受け入れから始まり、納期に間に合うように段取りをする業務です。

    true

    製造二課 EAライン

    唐木 美佳(26歳)
    東海学院大学  短期大学部 食物栄養学科 卒
  • 手動ラインでのニッケルめっき処理

    true

    製造二課 手動ライン

    亀田 峻介(26歳)
    愛知東邦大学  経営学部 地域ビジネス学科 卒
  • お客様の要望通りに表面処理が「キレイ」に「正確」に仕上がっているか検査

    true

    製造二課 手動G

    春日 ゆり恵(26歳)
    岐阜市立女子短期大学  英語英文学科 卒
  • 多種多様な形状の金属に、無電解ニッケルめっきを施しています。

    true

    製造二課 EAライン

    小川 哲也(25歳)
    諏訪東京理科大学  経営情報学部 経営情報学科 卒
連絡先:
長野県伊那市西箕輪2148-186(伊那インター工業団地内)
〒399-4501
担当/総務部 細田・中山
(電話)(0265)78-2511