先輩社員紹介

true

開発課

市河 祐介(26歳)

出身:金沢工業大学 大学院  バイオ・化学専攻 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    新しい表面処理の研究開発と新規アイテムの工程確立と量産移管

    新しい表面処理技術の研究・開発が主になってきます。
    サン工業としての新規技術の開発と、お客様からご要望いただいた試作についての表面処理の開発、試作品の量産移管までの業務を行っております。
    開発課は研究開発はもちろん、試作量産となっている現場では数が少なく、生産していない製品の表面処理(貴金属関係の表面処理)も行っています。
    研究開発では自社の強みを生み出しつつ、お客様の要望に沿う表面処理の試作および開発、そして試作量産品の生産を行うことで、様々な表面処理を経験することができ、
    とてもやりがのある仕事であると思っております。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    お客様からの「めっきの試作サンプルを作成して頂き、ありがとう」の言葉

    開発課に配属されて二年。
    新規のお客様から「現行製品にめっきで付加価値をつけ、かつ性能的に優位な表面処理を施して欲しい。」とご要望をいただきました。
    最初は数種類のめっき処理を施した試作品を提出させていただきました。
    試作品の評価が進んでいくなか、更に性能の良い表面処理をとのご要望があり、適しためっき処理を探していくことにかなり苦戦しました。
    行き詰ってくると目の前が暗くなってくるのですが、あきらめずに考えて行動することの大切さと失敗を恐れず挑戦することの大切さを学びました。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    会社見学で試作ラインを見て、素直にとても楽しそうだと感じました!

    就職活動をしていく中で重要視していたのが、地元に戻って大学で学んできたことを活かし、地域に貢献できたらと思い活動していました。
    大学で学んできたことに近いという観点化から、何社か活動していたのですがなかなか決まらず時間だけが過ぎてきました。
    そんな中、大学からサン工業を紹介していただき会社見学に行きました。
    会社見学の中で試作ラインの紹介があり、様々なめっき処理ができるところにとても惹かれました。
    めっき業者の中でも試作ラインを持っている所はあまりなく、素直にとても楽しそうと感じサン工業を選びました。

これまでのキャリア製造現場(入社から半年間)→開発課(現職 今年で二年半目)

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は周りに流されず、絶対に焦らないことが大切だと思います。
エントリーなども3社ぐらいに絞って注力していくことが焦らずに活動できるポイントです。
自分の許容範囲を超えない様に、自分自身をしっかりと見つめなおしながら活動していくと
自分に合う会社が見つかってくると思います。

他の先輩社員を見る

  • 金属製品へのめっき。お客様の多種多様なニーズを満たす。

    true

    開発課

    征矢 亮太(24歳)
    信州大学  繊維学部 化学材料系 材料化学工学過程 卒
  • 開発課でめっきを日々勉強中!!

    true

    開発課

    松澤 夏実(23歳)
    群馬大学  工学部 応用化学・生物化学科 卒
  • 製品の受け入れから始まり、納期に間に合うように段取りをする業務です。

    true

    製造二課 EAライン

    唐木 美佳(26歳)
    東海学院大学  短期大学部 食物栄養学科 卒
  • 手動ラインでのニッケルめっき処理

    true

    製造二課 手動ライン

    亀田 峻介(26歳)
    愛知東邦大学  経営学部 地域ビジネス学科 卒
  • お客様の要望通りに表面処理が「キレイ」に「正確」に仕上がっているか検査

    true

    製造二課 手動G

    春日 ゆり恵(26歳)
    岐阜市立女子短期大学  英語英文学科 卒
  • 多種多様な形状の金属に、無電解ニッケルめっきを施しています。

    true

    製造二課 EAライン

    小川 哲也(25歳)
    諏訪東京理科大学  経営情報学部 経営情報学科 卒
連絡先:
長野県伊那市西箕輪2148-186(伊那インター工業団地内)
〒399-4501
担当/総務部 細田・中山
(電話)(0265)78-2511